拍手がなければ海の藻屑

いかにドラマティックに脱衣するかを追求していくTuna Mermaid(トゥナ・マーメイド)の情報と文章。

バーレスクとクラウン(道化師)って、ちょっと関係あるみたい + 出演情報

昨年から、クラウン(道化師)のお勉強をし始めています。

 

なぜクラウンかというと、どうもバーレスクってクラウンの歴史と関係があるみたいなのです。クラウンの始まりは中世ヨーロッパの王様のための道化師やコメディア・デラルテという即興劇の中のキャラクターだったそうで、王様がいなくなるにつれて庶民みんなが楽しむものになっていったんだとか。一方で、宮廷風刺劇の一部に「バーレスク」という名前が使われていて、そのうちのお色気お姉さんが今のバーレスクにつながっているのだという説を聞いたことがあります。あれ、これって似てない…?というか、一緒じゃない…?

 

続きを読む

5月~7月 出演情報まとめ

2017年5月~7月 出演情報まとめ

 

● 5/28(日) Bryant Street, San Francisco

『Carnaval Day with Kellita & Hot Pink Feathers: Parade & AfterParty』

 

6/17(土) 新橋 ボワ・ヴェール ←New

『野辺地kokabu night ~野辺地でこかぶ作ってベンツ買おう~』

 

6/25(日) 浅草ゴールデンタイガー

『音彩~otosai~』

 

7/1(土)  三重県津市 お座敷倶楽部

『MAX FREE MAN♡』

 

7/17(月・祝) 東京芸術劇場 シアターイース

『グローバル・エンターテイメント・フェスティバル in 東京

 (舞台エンターティナープロジェクト)』

 

 

続きを読む

【3月出演情報】

【3月出演情報】

3月24日(金) 「こじらせヌード」

3月31日(金) 「Dr. Sketchy's Anti-Art School, Tokyo」

 

 もう3月終わりそうって、早くない…??

続きを読む

Miwa Rockさん呼んでフェザーファン講座みたいなお茶会を開きます

 ちょっと急ですが、Miwa Rockさんお呼びして、【閉じないタイプの】フェザーファン(羽根扇子)の作り方講座のようなお茶会を開くことにいたしました。

 平日夜ですが、もしご都合よければおいでください。

 

 【2/15追記】

満席となりました。美和さんの人気をなめてたとしか思えない…!

2回目を開催できるか、検討いたします。

 

----------------------------------------------------------------------

『ロッキン・バーレスカーMiwa Rockが

 フェザーファンの疑問にたくさん答えてくれる会』

https://www.facebook.com/events/194624194349804/

■日付: 2017年2月22日(水)
■時間: 19:45~21:15 (19:30から入れます)
■会場: 珈琲西武
 東京都新宿区新宿3-34-9 メトロ会館3F
 https://goo.gl/maps/ch8HYvnWoSo
■参加費: 2000円+1オーダー
(会場が飲食店のため、1品以上の注文をお願いいたします)

でっかい羽根といえばこの人!な
日本の誇るロッキン・バーレスカーMiwa Rockをお呼びして、
主に開閉【しない】タイプのフェザーファンについてお聞きする
座学の講習会のようなお茶会です。

バーレスクダンサーがみんな一度は憧れるオーストリッチのフェザーファン(羽根扇子)。開閉できるタイプはネットで買えるけど、しないタイプのって手作りなのかな。
作り方は?素材はどこで?いくらぐらいかかるんだろう。
超でっかいの作ってみたい!逆に小さいのはどうするの?
持ち運びは?もしかして分解できる!?
自分で作ってみたけどなんかショボくなった…。

フェザーファンにまつわる「わからない」に、ステージ経験豊富なMiwaさんが全部答えてくれちゃいます!
お茶会なので、みなさんも自由に質問してくださいね。
実際にステージで使っている道具も見せていただけます。

バーレスクダンサーに限らず、ステージパフォーマンスやフェザーファンに興味のある方はどなたでもおいでいただけます。
参加希望の方は、主催いたしますTuna Mermaidに個人メッセージか、もしくは以下にお名前(ステージネーム可)とご連絡を添えてメールをお送りください。
tuna.mermaid@gmail.com

----------------------------------------------------------------------

バーレスクはいいぞと語るうちに気付くと「ああいうのとは違うんです」とか言い出して失礼になる【中編】

数えたら前回「おっぱいファンタジー」って20回言ってました。

tunamermaid.hateblo.jp

 

 「あれとは違う」と言うこと自体が失礼になりうる、というお話をするはずだったのですが、映画の字幕調べてたら中編できてました。後編にはたどり着くかな。

 

(2/12追記 日本語訳についていくつかご指摘をいただきました。どのような考え違いをしていたのかは残し、並べて部分的な訂正を赤字で表記しております。この記事の大枠の内容には障りないと考えています。ご意見がいただけてよかったです、ありがとうございました。)

 

 2010年公開のクリスティーナ・アギレラ主演の『バーレスク』という映画があります。ダブルヒロイン的にシェールも出てるし監督はスティーヴ・アンティンという方ですが、経験上「バーレスクってアギレラの出てたあれでしょ?」って言われる率がとても高いので、とりあえずこの映画に出てきたバーレスクを便宜上「アギレラバーレスク」と呼んでおくことにします。炎上しそうなので先に言っておくと、このアギレラバーレスクは歌も踊りも世界観もめちゃめちゃかっこよかったし、気楽に見られるアメリカンエンターテイメントとしてもとても楽しかったです。本当です。

 

 このアギレラバーレスクにはバーレスクはストリップではない、と明言するシーンがあります。

 

続きを読む