拍手がなければ海の藻屑

いかにドラマティックに脱衣するかを追求していくTuna Mermaid(トゥナ・マーメイド)の情報と文章。

バーレスクはいいぞと語るうちに気付くと「ああいうのとは違うんです」とか言い出して失礼になる【後編】

 前編にて、バーレスクのおっぱいファンタジーが大好きだ、みたいな話をしました。自分はずっとおっぱいファンタジーが嫌いだと思っていたけど、実はおっぱいファンタジーには好きな感じなのもそうじゃないのもあって、ただ好きじゃない感じのものを見ることが多かったからおっぱいファンタジー自体を避けてきていただけだったんだ。とバーレスクを見るうちに気付いた、みたいな話です。あ、「おっぱいファンタジー」はエロとかセクシーとかのコンテンツの話をしたくて作った造語です。前編読んでみてください↓

 

バーレスクはいいぞと語るうちに気付くと「ああいうのとは違うんです」とか言い出して失礼になる【前編】 - 拍手がなければ海の藻屑

 

ついでに中編も↓ (アギレラバーレスクの字幕をちょっとだけ研究)

バーレスクはいいぞと語るうちに気付くと「ああいうのとは違うんです」とか言い出して失礼になる【中編】 - 拍手がなければ海の藻屑

 

続きを読む

バーレスクはいいぞと語るうちに気付くと「ああいうのとは違うんです」とか言い出して失礼になる【中編】

数えたら前回「おっぱいファンタジー」って20回言ってました。

tunamermaid.hateblo.jp

 

 「あれとは違う」と言うこと自体が失礼になりうる、というお話をするはずだったのですが、映画の字幕調べてたら中編できてました。後編にはたどり着くかな。

 

(2017.8.5 読みにくかったので清書しました)

 

 2010年公開のクリスティーナ・アギレラ主演の『バーレスク』という映画があります。ダブルヒロイン的にシェールも出てるし監督はスティーヴ・アンティンという方ですが、経験上「バーレスクってアギレラの出てたあれでしょ?」って言われる率がとても高いので、とりあえずこの映画に出てきたバーレスクを便宜上「アギレラバーレスク」と呼んでおくことにします。炎上しそうなので先に言っておくと、このアギレラバーレスクは歌も踊りも世界観もめちゃめちゃかっこよかったし、気楽に見られるアメリカンエンターテイメントとしてもとても楽しかったです。本当です。

 

 このアギレラバーレスクにはバーレスクはストリップではない、と明言するシーンがあります。

 

続きを読む

ただの1ファンとしてMidweek Burlesqueの好きなところを説明するね

 自分が出してもらうときに言っても説得力ないと思うので、しばらく出なさそうな今のうちにMidweek Burlesqueの良さを説明しておきたいと思います。

--------------------------------------------

 Midweek Burlesqueとはその名の通り水曜という平日(Midweek)に東京渋谷で月イチで開催されているバーレスクイベントです。なんで平日かというと、主催者のViolet Evaさんが海外の人に「日本って平日遊びに行けるイベント全然ないよねー」と言われてむかついたから始めたらしいです。あ、今のはステージ上で言ってたので書いても大丈夫なやつです。今回もわたしの属性はただのバーレスクの1ファンで、そしてその1ファンがここ2年ぐらい大体ずっと通っているイベントがこのMidweek Burlesqueです。試しに1回見てみたい、みたいなバーレスク未経験の方に個人的に勝手におすすめしています。

 

f:id:TunaMermaid:20170105134332j:plain

 ポイントカードも貯まりました。来週1月11日(水)にもあるので見に行きます。

MIDWEEK BURLESQUE vol.42 -The Flapping Phoenix-

 

 では好きなところ、挙げていきますよ~。

 ◎ Midweek Burlesqueのここが好き ◎

続きを読む

バーレスクはいいぞと語るうちに気付くと「ああいうのとは違うんです」とか言い出して失礼になる【前編】

 一般に知られてないようなネタを一般誌の記者の人がどう取材していくか、みたいなお話を読みました。取材を受けたのは、「かたろーぐ」というボードゲームを作って遊んで広めている方のよう。 「かたろーぐ」の方が記者さんから聞かれた内容は、

 

1)自身の経歴

2)ボードゲームの魅力

3)自身でボードゲーム作りをはじめたきっかけ

4)かたろーぐを作るに至った経緯

5)どんな方に楽しんでほしいか

6)今後の目標などあれば

 

の6点。

 

 こんなの読んだらもちろん、将来自分がインタビューされたら?みたいなことを考えます。考えませんか?考えます。自分とバーレスクに置き換えてどうしよっかな!と今から取材受ける気満々で考えちゃうってものです。さーて、1・3・4は自分のことだけ答えればいいとして、2とか5みたいなのは結構責任重大になっちゃうなー、バーレスク全般にかかってくるし、でもみんなが同じ考えしてるわけでもなし、やっぱりここは<自分にとっての>バーレスクの魅力、みたいなことを言うしかないよね~。

続きを読む