拍手がなければ海の藻屑

いかにドラマティックに脱衣するかを追求していくTuna Mermaid(トゥナ・マーメイド)の情報と文章。

「10キロ太るか20キロ痩せるかしなよ」

 「10キロ太るか20キロ痩せるかしなよ」。このまんまのことを言った人がいるわけじゃないんですけど、でもたぶん「みんな」はそう思うんじゃないかなって気がするので、この体型である必要性をお話ししたいと思います。そうですまたキレイかブスかの話です。

 ネット民の意識じゃ「橋本環奈ちゃん未満は全員ブス」なんて言いましたけどそれで言うと自分はもちろん見るに値しないブス目が汚れる早く死ね、です。でもさすがに心からそう思って生きてるわけでもなく、一般の感覚みたいなのを想定しつつ自分の容姿を評価してみると、なんて言うか特に印象に残らない……よくいる感じの……無害な……そう、「地味なブス」です。女が生きてく限り美人であることに越したことはありませんが、それでも知らない人からいきなり避けられるほどひどい見た目なわけでもなく、どこに行っても特別素敵なことも起こらないけど困ることも別にない、そのぐらいの容貌です。コンプレックスは日々抱えてますけど、でも生活するのに困るレベルとかでは全然ないです。あと歩いてるとよく道を聞かれます。無害そうだからだと思います。しかしこの「地味なブス」という属性は、人前に出て何かするとなるとかなり厄介です。

 

 

 世の中に出回っているエンターテイメントに出てくる人、特に女の人というのはやはりキレイかブスかのどちらかです。もちろん例外はたくさんあるしそもそもそんな見方してないって人もいると思うけど、でもわかりやすくウケるのはそういうふうに分類したときどっちかだな、みたいな気がします。テレビとかに出てくる感じだと美人だったらキレイ、美人じゃなかったらブス、みたいな大ざっぱな分け方されてると思います。だからそれに慣れてると街頭インタビューとか見てて、これどうしたらいいのかな……みたいな感覚になっちゃうことがあります。少なくとも私はあります。え、この一般人の人、女優さんレベルの美人では全然ないからブスの扱いになるはずだけど、でも本人はブスって思って欲しいとは思ってないよね絶対、え、これどうすんの……みたいな。それでネット見ればブスブスの嵐でああそうだよねそうなるよね、ってなるけどでもその基準は人前に出てる人に対するものだってのもわかってて、つまりはテレビっていう非日常空間で成立してる何かなんだと思います。だから日常生活で会う人全員にブスって思って毎日生きてるわけでもないし、だからここに日常と非日常のギャップ、みたいなものはあるんだろうと思います。
 話の流れ的に普通の人をブスって言うのやめなよ!ブスキャラという存在自体あってはいけないよ!とか言い出すんじゃないかと思う人いるんじゃないかと思うんですけどそんなことは全然なくて、本人がブスです!どうだ!ってやるのは面白いときはほんと面白いのでいいぞもっとやれ、って思ってます。プロの芸人さんももちろんだし、普段の学校とか職場とかでも全然やっていいと思います。でも本人が言ってないのに他人が勝手にブス役振ってブスブス笑うのは全く面白くなくて、少なくとも私には面白くなくて、そしてこの感覚はみなさんそれなりに共通して持ってると思います。

 

 それで地味なブスの話に戻るんですけど、地味なブスというのはクラスに7~8人いる感じのブスです。そんなに多くないよ、って人もほとんど全部そうだろって言う人もいると思うけど、とにかくよくいる感じです。で、このクラスに7~8人のブスの誰か一人がブスとして笑い取りに来ると、まわりの人は結構困るんです。なぜって、その一人を笑うと残りの地味なブスも笑っていい対象なの……?みたいになるけど勝手に笑うのは良くないなって感じになるので、それで笑わせようとした地味なブス一人のことも何となく笑えなくて、「そういうので笑い取るのやめなよ!」みたいになっちゃうんです。誰もがブスと思うようなブス、学年で一人・学校で一人のブスが笑い取るのはそのへんの問題がなくて、巻き添え犠牲者の心配をすることなく安心して笑えます。もちろん本人が笑い取りに来たときに限る、ってこれは何度でも強調しますけども。この、これは笑っても大丈夫なものだなみたいな安心感はメジャーとして成立させる笑いには共通してあるものなんじゃないかと思います。

 

 私は人前に出るんだったらブスのほうで、だけど地味なブスは笑いにくくて困ります。ならばどうするかと言えば、派手なブスとしてわかりやすくする、つまり「10キロ太りなよ」。10キロじゃまだ足りないかもしれません。渡辺直美さんはデビューしてから20キロ以上太ったそうです。それが笑いを取るための努力だったかはわかりませんけど、でもあの体型だとわかりやすく「デブ」が伝わって、見た目で笑い取ってさらにネタで笑いを取ってってほんと存在がエンターテイメントだな最高かよって思います。個人的には出てきた頃から渡辺直美さん面白かったけど、渡辺直美さんを単なるブスキャラだとは実はあんまり思ってないけど、さらに言うと別に太ってなくても全然面白いけど、でも100キロ近いあの体型はみんなにわかりやすくなってるなって思います。


 みんなにわかりやすくするためには10キロ と言わず20キロと言わずとにかく太るのが手っ取り早いのでさっさとそうしなよって感じなんですけど、ちょっと踏みきれないところがあります。別に今よりブスに見られたくないとかじゃないです。今抱えてるアイディアでの中で小綺麗にまとまってるものがいくつかあって、それはたぶんブスとしてやると別なものになってしまう気がするからなんです。見てるほうのお客さんとしての感覚の話ですけど、いったんブスキャラの枠に入ると何やってもブスの影が付きまとうというか、ブスなのに頑張ってるとか、ブスの割にキレイとか、ブスだからこそいいこと言うとか、常にそういうのを意識したりされたりするように思います。もちろんいいほうに転ぶととても強いですけど、でも私の場合それが邪魔になりそうな気がします。あとブスを笑うときって、「自分はこんなブスじゃなくて良かった」みたいな立場から笑う感じがあって、それだと「これ私の話だけどあなたの話でもあるんだよ?」みたいなのができなくなっちゃいます。そういうの見たいわけじゃないって人のほうが多いのはわかってるんですけど、私が見せたいのはそういうのなので。

 

 で、もう一方の「20キロやせる」のほうを取るかというとこれもまた微妙な話です。体型を絞れば今より若干ましになるとは思うんですけどそれだけじゃ全然足りないので、みんなに伝わるキレイのためには、私の顔立ちだったらやっぱり美容整形みたいなものは必要になると思います。鼻と骨格と全取っ替えになるんじゃないかな。整形すること自体に抵抗があるかと言えばそこまででもなく、してもいいとは思ってるんですけど、ただ残念ながらおそらく私は整形したらしたでそれについてずっとコンプレックスを持ち続けるタイプです。そしてそのコンプレックスは作るものにも影響しちゃうと思います。キレイをやる覚悟が足りてないって言えばそうなんですけど。でも仮に、もし仮にコンプレックスなく瑕疵のない美人になる方法、見せる方法があったとしても、それでもたぶんその道を選ばないです。今後自分がやるものの中で、キレイでは伝わらないものがあると思うからです。
 ちょっと前のドラマのことなんですけど、実は全然見てないし原作も読んでないけど、これ「こんな地味な30代処女の私こと綾瀬はるか玉木宏福士蒼汰からモテモテに!?」みたいな話らしいです。らしいというのはCMぐらいしか見てなくてよくわかんないからです。見てないのに言うなよって感じなんですけど、でもなんで見なかったかって言うとどうしたって「モテモテってそれはお前が綾瀬はるかだからだろ!!」って突っ込みしか入らなそうで、それで結局見なかったんです。綾瀬はるかが地味な30代処女のわけないだろ……。でも地味な女優さんがやってくれたら私には伝わったかもしれないけど他の多くの人が見たいものはそれじゃないんだろうしテレビ的には綾瀬はるかだっていうのはわかるので、こういうときは私個人が避けて通るしかないかなと思います。
 いま作ってる演目も、作ってると言ってもやる場所決まってないんですけど、でも一応作るんですけど、さすがに地味な30代処女なんて具体的な設定ではないけどでもそういう方向で、これはきっとキレイな人がやっても伝わんないだろうなって感じがします。綾瀬はるかのときみたいに「そんなわけねーだろ!!」って、たぶんなります。でもわかりやすいブスキャラでやるほうでも何かそれは違うものになっちゃって、「こんな奴いるんだー。あー自分がこうじゃなくて良かった」みたいな伝わり方になっちゃいます。もちろんそういうふうに笑ってもらっていいんですけど、私からは違うふうに持っていきたいです。だから自分が作るものでは、この地味なブスを使うのが一番正しい伝わり方になるんです。キレイな人がやってもブスキャラな人がやっても伝わらないけど私みたいのがやると何やってるかわかる、みたいなことをやれると楽しいです。別に楽しくない、10キロ太るか20キロ痩せるかしてやってくれって人いると思うんですけど、でもそれは私じゃない人がやったほうが絶対楽しいです。私のこの「地味なブス」は使いにくいけどでもかなり使いでのある素材だなって思うので、課題として面白いのでこの素材を使ってやっていきます。ただ、10キロぐらい落とすとちょうど標準体重で、さらには身長もちょうど日本人の平均サイズなので、夢も希望もない標準体型で夢と希望を語る、みたいなことやるのは面白そうかな、とそれだけはちょっと迷っています。でもとりあえずはこの中途半端な肉も気に入ってるのでこのままだと思います。おっぱい中トロ、腰回り大トロです!

 

 いまキリ良く終わりそうになったけどこの話は実はまだ終わってなくて、演目の方はそれでいいんですけど引きのビジュアルとして地味なブスを使うとなるとまだ課題があります。キレイでもブスでもないということはただ単にやる気のない人、キレイに見せるほうにも笑いを取るほうにも努力の足りてない人にしかならないからです。体型も顔立ちも、面白いことしてくれそうな人に全然見えない。私個人が面白くなさそうな奴だってなるのはそれはもう仕方ないんですけど、全然知らない人が「こんな奴がやるものなんだったらバーレスクって面白いものじゃなさそう」みたいになっちゃうとほんと困る。私はバーレスク一度も見たことない人を呼び込む入り口を作ると本気で思ってて、今のところそれは全然できてないけどまだそんな段階じゃないから、でもほんとにそうしたいというかするんですけど、でも一般的な感覚だと地味なブスだと面白いことしなさそうなんです。個人的な知り合いに関しても結構そうで私は面白いこと提供できない人だとおおよそ思われていて、なぜなら今まで何もしてこなかったから、だからバーレスクやりますって言っても「へえ小林さんでもできるものなのね、じゃあバーレスクというのは大して面白くないものなんだろうね」ってなります。というかおそらくなってます。ほんの数人とはいえ、これはほんと失敗で……たぶん向こう数年はバーレスクと名の付くものを苦笑いして通り過ぎるんじゃないかな……。ほんとに、世の中の人がバーレスクのこともっと知ってたらこんな心配しなくて済むのに!!


 私なりにバーレスク愛というものはあって、世の中に興味持つ人はもっといっぱいいると思ってて、でもその人たちが自分のせいで来なくなっちゃうなんてことあったらどうしようって、しかもネタ見せる前に興味失わせるとかクズすぎるので、そこらへんなんか工夫しないといけません。私がやるものが面白いかどうかは見た人次第でしかなくて、もちろん自分では面白いと思ってやってるんですけど人の判断はそれぞれでそれはどうしようもないものなので置いといて、でも他の人のも見ればバーレスク自体がつまんないものだなんてならないから大丈夫だと思うんです。だけど見もしないうちに面白くないものだと判断されるのはそれは絶対に避けなければ。お前がやらなきゃ済む話だろっていうのはそうなんですけど、でもやりたいのですよ……。

 

 というわけで、地味なブス使って面白そうな宣材写真を作るというのが!宿題!!

 

 

f:id:TunaMermaid:20160118102804j:plain